ドゥカティがカフェレーサースタイルのコンセプトバイクを提案…『CR24I』発表

ドゥカティ CR24I
  • ドゥカティ CR24I
  • ドゥカティ CR24I
  • ドゥカティ CR24I

ドゥカティは5月24日、英国ロンドンで開幕したカスタムバイクショー「バイクシェッド」において、コンセプトバイク『CR24I』(Ducari CR24I。I=アイ)を発表した。

CR24Iは、カフェレーサースタイルのコンセプトバイクだ。このバイクは、2017年に発表された『スクランブラー』の自然な進化形であり、1960年代の英国のローカルカフェでの伝説的なバイク文化にインスパイアされている。

CR24Iは、ドゥカティのデザインセンターで設計され、スクランブラーのメカニカルベースの多様性を強調している。特徴的な17インチのフロントホイールとストリートタイヤ、スポーティなセミハンドルバーとバーエンドミラーが装備された。タンクに取り付けられたカウリングは、ドゥカティの歴史的なモデル『パンタ』や『750 SS』を彷彿とさせるデザインで、現代的かつポストヘリテージな外観を実現している。

さらに、シートは取り外し可能なカバーを使用してモノポストに変換でき、1970年代のスポーツバイクのクラシックなシートデザインを思い起こさせる。カラーリングも、1960年代の英国ロッカー文化に深く結びついたファンの心を揺さぶるものだ。

ドゥカティは新しいスクランブラーのコンセプトバイクを通じて、過去の伝統と現代のデザインを融合させた新しいバイク文化を提案している。


初公開 > ドゥカティ、終末世界を駆けるコンセプトバイク発表…『RR24I』
https://response.jp/article/2024/05/29/382373.html
《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集