メルセデスベンツ『CLA』、PHEVにも改良新型…EVモードの航続拡大

メルセデスベンツ CLA 250 e クーペ 改良新型
  • メルセデスベンツ CLA 250 e クーペ 改良新型
  • メルセデスベンツ CLA 250 e シューティングブレーク 改良新型
  • メルセデスベンツ CLA 250 e クーペ 改良新型
  • メルセデスベンツ CLA 250 e クーペ 改良新型
  • メルセデスベンツ CLA 250 e シューティングブレーク 改良新型

メルセデスベンツ118日、『CLA』(Mercedes-Benz CLA)のプラグインハイブリッド車(PHEV)の改良新型を欧州で発表した。

CLAPHEVが、「CLA 250 e クーペ」と「CLA 250 e シューティングブレーク」グレードだ。PHEVパワートレインは、エンジンが直噴1.3リットル(1332cc)の直列4気筒ガソリンターボで、最大出力160hp/5500rpm、最大トルク25.5kgm/1620rpmを発生する。

改良新型では、モーターが強化された。最大出力は102hpから109hp7hp向上。最大トルクは30.6kgmとした。PHEVシステム全体での218hpのパワーと45.9kgmのトルクは変わらない。動力性能はクーペの場合、0100km/h加速が7.6秒、最高速は229km/hに到達する。

蓄電容量15.6kWhのリチウムイオンバッテリーは改良を受け、利用可能なエネルギー量が増えた。その結果、EVモードの航続はクーペの場合、最大82kmWLTPサイクル)に拡大している。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集