日産『GT-R』のV6ツインターボを700馬力に強化、プラーガが新型ハイパーカー発表

プラーガ Bohema
  • プラーガ Bohema
  • プラーガ Bohema
  • プラーガ Bohema
  • プラーガ Bohema
  • プラーガ Bohema

チェコに本拠を置くプラーガ(Praga)は11月23日、新型ハイパーカー『Bohema』の量産プロトタイプを発表した。

同車は、日産GT-R』のパワートレインをミッドシップに搭載する2ドア2シーター車だ。英国のリッチフィールドエンジニアリング社が、日産から供給を受けた3.8リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンをチューニング。ドライサンプ方式に変更し、エンジン高を140mm抑えて、Bohemaのミッドシップに搭載する。

さらに、新開発のツインターボに換装して、パワーを引き上げた。最大出力は700hp/6800rpm、最大トルクは73.9kgm/3000~6000rpmを引き出す。トランスミッションはHewland製シーケンシャル。乾燥重量は982kgに抑えられ、300km/hを超える最高速を可能にしている。

《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集