後席にもバケットシート装備!? BMWの本気セダン『M3 CS』の超過激なスペックとは

BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

BMWの新型『M3セダン』に設定されるとみられる超高性能モデル『M3 CS』。これまでも度々その姿をスクープしてきたが、スクープサイト「Spyder7」が新情報をつかんだ。

ニュルブルクリンクのノルドシュライフェで高速テストをおこなうプロトタイプは、フードやバンパー周辺、及びリアサイドウィンドウのみを軽くカモフラージュ。フロントバンパー下部にはスプリッターが突き出ているほか、グリル開口部が拡大され、既存の水平スラットは削除されている。

BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

アグレッシブなエアロキット、新デザインのホイールなど、5月に先行して登場した『M4 CSL』が得たアップグレード内容がすべて反映されているようだ。ダックテールスポイラーと新しいOLEDテールライトが装着される可能性もあるようだが、このプロトタイプはそれらのいずれも装備されていない。注目は後席だ。リアサイドウィンドウのみが隠されているが、噂によると後部には2つのバケットシートが装備されるという。

市販型ではルーフ、ボンネット、トランクリッド、バケットシートをカーボンファイバーに交換するなど、他にも抜本的な軽量化が行われることが確実だ。前世代のM3 CSは通常のM3よりも110ポンド(50kg)軽く、新しいM4 CSLは通常のM4の重量から240ポンド(109kg)もの軽量化が施されているため、新型では約150~175ポンド(68~79kg)の軽量化を期待してもいいだろう。

BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)BMW M3 CS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

予想されるパワートレインで最も有力なのは、M3が搭載する3.0リットル直列6気筒ツインターボガソリンエンジンの改良版で、最高出力は540ps発揮するとみられる。となると、この車のパワーウエイトレシオは0.148hp/lbになり、100馬力以上ハイパワーなメルセデス『AMG C63 S』の0.149に匹敵する。おそるべきパフォーマンスが期待できそうだ。

全輪駆動「M xDrive」システムを備えるほか、アップグレードされたシャシーチューニング、より強力なブレーキ、軽量化されたサスペンションコンポーネント、より限界性能の高いタイヤを提供してくれるだろう。

M3 CSのワールドプレミアは、最速で2022年内と予想されている。

《Spyder7編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集