電動化確定のBMWスーパーセダン『M5』次期型、発表は2023年内か 最新プロト車両を激写

BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

BMWは現在『5シリーズ』の頂点に設定されるスーパーセダン、次期型『M5』が2023年内にもワールドプレミアとなる。その最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

コードネームG90と呼ばれる次期型M5のプロトタイプは、フロントとリアバンパーに「Electrified Vehicle」(電気車両)のステッカーが貼られている。『XM』同様に左側のフロントフェンダーに充電ポートを配置、燃料キャップは右側のリアフェンダーに残されていることが確認できることからも、PHEVモデルであることがわかる。

BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

注目はフロントエンドで、これまでダミーコンポーネントだったヘッドライトが市販版に変更されている。他はカモフラージュが厳重でディティールは不明だが、キドニーグリルが下部エアインテークと分離されているため、『M3』や『M4』のような巨大グリルの採用は見送られていることが濃厚だ。

側面では、膨らみを持つフェンダー、フロントとリアには強力なブレーキを装備するなど、これがただの5シリーズではないことを主張している。リアエンドでは、トランクリッドスポイラーを装着、クワッドエキゾーストパイプがインストールされている。

内部では、iDrive8を備える、12.3インチのデジタルライバーディスプレイと、インフォテインメント用の14.9インチのタッチスクリーンが配置されるだろう。

BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW M5 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

6月初旬、BMW「M」ワークショップマネージャーのハンス・ラーン氏は、次期型M5はS68エンジンに基づくプラグインハイブリッド(PHEV)パワートレインを採用することを明らかにした。SUV『X7 Mパフォーマンス』改良新型にすでに採用されている4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンと予想されている。

初のモーターアシストにより最高出力が650psと予想されるが、遅れて導入が予想される「M5コンペティション」、あるいは「CS」では最高出力750psとも噂されており期待が膨らむ。

最新情報によると次期型M5は、2024年7月から生産に入ると伝えらえている。

《Spyder7編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集