さらに「甘い生活」を実現するフェラーリ? 深夜に現れた謎のオープンカーの正体は

フェラーリ 謎のオープンモデル(スクープ写真)
  • フェラーリ 謎のオープンモデル(スクープ写真)
  • フェラーリ 謎のオープンモデル(スクープ写真)
  • フェラーリ 謎のオープンモデル(スクープ写真)
  • フェラーリ 謎のオープンモデル(スクープ写真)
  • フェラーリ 謎のオープンモデル(スクープ写真)
  • フェラーリ 謎のオープンモデル(スクープ写真)

フェラーリ謎のプロトタイプを深夜の路上で目撃! スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

イタリア・フェラーリ本社付近で捉えたプロトタイプは、全体を黒い樹脂パネルでカバー。ライトユニットや全体のシルエットから判断すると、『ローマ』の可能性が高い。ただし、よく見るとサイドウィンドウに沿って新設計されたようなルーフラインを持っていることがわかる。

フェラーリ 謎のオープンモデル(スクープ写真)フェラーリ 謎のオープンモデル(スクープ写真)

後部デッキにはジッパーを備えた格納式ルーフ用カバーがあり、「スパイダー/GTS」バージョンを示唆している。さらにAピラーがルーフと交わる角度から見ても、キャンバストップの可能性が高い。

ローマは2019年に発表された「2+クーペ」と表現されるモデルで、先行して登場している『ポルトフィーノ』のクーペ版といえる。1960年代にローマで根付いた「自由で気ままな甘い生活」をコンセプトに、現代版La Nouva Dolce Vita(ラ・ノーヴァ・ドルチェ・ヴィータ)「新しい甘い生活」を具現化したモデルとも伝えられる。

現在ローマは改良新型に取り組んでいると噂されており、そのタイミングでスパイダーを設定するのは絶好の機会と言える。果たしてオープンモデルになることで「もっと甘い生活」が実現するのか? ただしわずかな疑問が残る。先述したように、そもそもローマはポルトフィーノのクーペ版であり、現在はポルトフィーノMがそのオープンモデルの役目を果たしている。

フェラーリ 謎のオープンモデル(スクープ写真)フェラーリ 謎のオープンモデル(スクープ写真)

そこで浮上しているのが、ポルトフィーノMの後継モデル、あるいはその下に位置する新型のオープンモデルの可能性だ。いずれにしてもパワートレインは、ローマから4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを流用すると思われる。

今後数週間で鮮明なプロトタイプが登場すると思われるので、期待したい。

《Spyder7編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集