【東京モーターサイクルショー2023】3月24-26日開催、東京ビッグサイト

ホンダ・ホーク11(東京モーターサイクルショー2022)
  • ホンダ・ホーク11(東京モーターサイクルショー2022)
  • ホンダ ダックス125(東京モーターサイクルショー2022)
  • ホンダブースに展示されたビジネス向け電動バイク(東京モーターサイクルショー2022)
  • BMW CE 04(東京モーターサイクルショー2022)
  • スズキ カタナ(東京モーターサイクルショー2022)
  • ヤマハ E01(東京モーターサイクルショー2022)
  • ヤマハ XSR900(東京モーターサイクルショー2022)
  • カワサキ Z650RS 50thアニバーサリー(東京モーターサイクルショー2022)

東京モーターサイクルショー協会は、国内最大級のモーターサイクルイベント「東京モーターサイクルショー」の来年の開催を、2023年3月24日(金)から26日(日)までの3日間とすることを決定した。

東京モーターサイクルショーは、モーターサイクル産業の振興と、健全なモーターサイクル文化の育成・普及を通じ、豊かな社会生活の実現と経済の発展に寄与することを目的に、1971年に初開催。来年で節目となる第50回を迎える。昨年(第49回)の来場者は、新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点借置終了のタイミングなどの影響で、前回実績(第46回)を下回るも、約12万人を超える来場者で賑わった。

第50回は新型コロナウイルス感染症への対策を充分に行いながら、今後も継続して開催するため、開催規模の適正化を図り、東京ビッグサイトの西1.2.4 ホール+アトリウム+屋外展示場を使用する案で計画を進めていく。二輪ユーザーをターゲットの中心としながら、次世代のモーターサイクルファンづくりのため若年層や女性層の取り込みを重要課題とし、「#バイクでつながる」を開催テーマに、バイクを通じて人、モノ、企業と多様につながる機会を創出する。

また、3年ぶりに大学生、専門学校生、高校生を対象とした「学生ポスターデザインアワード」の募集を開始。13回目となる今回の制作コンセプトは「50th Anniversary」。第50回のショーであることが伝わり、開催テーマである「#バイクでつながる」を彷彿とさせるデザインを募集する。最優秀賞1名には商品券30万円分、優秀賞3名には商品券5万円分を贈呈する。

東京モーターサイクルショーの入場料は前売り券が1800円、当日券が2200円。高校生以下は無料。


熱風の虎1
¥436
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《纐纈敏也@DAYS》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集