「水素ステーション使えなかった」ときレンタカー費用を補償、保険特約

FCEVの例:トヨタ MIRAI(燃料電池車)
  • FCEVの例:トヨタ MIRAI(燃料電池車)
  • FCEVの例:ヒョンデ・ネッソ
  • 水素ステーション稼働停止時のレンタカー費用特約のイメージ

三井住友海上火災保険あいおいニッセイ同和損害保険は、業界初となる水素自動車専用の自動車保険特約「水素ステーション稼働停止時のレンタカー費用特約」と、同特約の契約者向け保険料割引を開発し、8月中に販売すると発表した。

水素ステーションの拠点数は少ないため、燃料電池車を導入しようとする事業者から「最寄りの水素ステーションが利用できなくなった場合にどうしたらいいか不安」などの声がある。こうした状況を踏まえ、三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、燃料電池車などの水素自動車特有のリスクに対する専用特約を開発した。同特約の契約者向けに保険料割引も行うことで、水素自動車の導入と水素燃料の普及を後押しする。

特約は最寄りの水素ステーション が「事故」「故障」「倒産」「撤退」などの偶然な事由で稼働停止した場合、契約車両(水素自動車)を走行不能とみなしてレンタカー(代車)費用を補償する。

「水素ステーション稼働停止時のレンタカー費用特約」をセットしている契約者向けには、保険料を約3%割り引きする。


《レスポンス編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集