ヒョンデ『アイオニック5』、デザイン賞も受賞で世界3冠…ニューヨークモーターショー2022

ヒョンデ・アイオニック 5(ニューヨークモーターショー2022)
  • ヒョンデ・アイオニック 5(ニューヨークモーターショー2022)
  • アウディ e-tron GT
  • キア EV6
  • ヒョンデ・アイオニック 5(米国仕様)
  • ヒョンデ・アイオニック 5(米国仕様)
  • ヒョンデ・アイオニック 5(ニューヨークモーターショー2022)

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は4月13日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2022において、「2022ワールドカーデザインオブザイヤー」をヒョンデ『アイオニック5』に授与すると発表した。

ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の賞のひとつ。今回は、2020年秋から2021年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。

条件は2022年春までに、世界の少なくともひとつの市場で販売されていること。世界33か国の102名のジャーナリストに6名のデザインの権威が加わり、審査を行った。

2022ワールドカーデザインオブザイヤーの結果は、以下の通り。

●ヒョンデ・アイオニック5(234点)
●アウディe-tron GT(214点)
●キアEV6(175点)

日本市場にも導入されたヒョンデのアイオニック5が、アウディ『e-tron GT』などを抑えて、2022ワールドカーデザインオブザイヤーに選出された。アイオニック5は、大賞にあたる「2022ワールドカーオブザイヤー」、「2022ワールドEVオブザイヤー」と合わせて、3冠を達成している。

過去5年の結果は、古い順に、ジャガー『F-PACE』、ランドローバー『レンジローバー・ヴェラール』、ジャガー『I-PACE』、マツダの『マツダ3』、ランドローバー『ディフェンダー』が、ワールドカーデザインオブザイヤーを受賞している。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集