あえての屋根なし、さっぽろ雪まつりでオープントップバス運行へ

さっぽろホワイトイルミネーション(イメージ)
  • さっぽろホワイトイルミネーション(イメージ)
  • 札幌市時計台(イメージ)
  • イルミネーション(イメージ)
  • JTBオープントップバス(イメージ)
  • JALふるさと応援隊(イメージ)
  • 千歳鶴の甘酒

JTBとJALは、「第72回さっぽろ雪まつり」と「第41回さっぽろホワイトイルミネーション」開催期間中(2022年2月5~12日)、札幌市内中心部にて屋根のないJTBオープントップバスを4日間運行する。

寒い冬、しかも夜に屋根のないバスを運行するのはなぜか。それは、解放されたバスならではの高い視点と広がる視界、バスに迫るイルミネーションの美しさ、雪像とイルミネーションのコラボレーションを、屋根というフィルターなしで見てもらうことが狙い。開放的で視点が高いJTBオープントップバスから見えるイルミネーションは、歩いて見る景色とは一味も二味も違う。

今年はさっぽろホワイトイルミネーション大通会場がさっぽろ雪まつり開催期間中に点灯する特別な年。札幌市時計台やさっぽろテレビ塔、北海道庁旧本庁舎赤レンガ庁舎など、市内観光スポットでは、JAL客室乗務員で構成する「JALふるさと応援隊」が名所を案内する。バス乗降時にはJALふるさと応援隊と記念撮影も可能。出発前には札幌の地酒「千歳鶴の甘酒」を1本(190ml)プレゼントする。

運行日は2022年2月5日、6日、11日、12日に各日2回で、乗車時間は約60分。料金は2000円で定員は各回30名。JTB各店舗、JTBホームページにて申し込みを受け付けている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース