【ダイハツ ハイゼットトラック 改良新型】たさいには3つの意味[写真14点]

ダイハツ・ハイゼットトラック 改良新型
  • ダイハツ・ハイゼットトラック 改良新型
  • ダイハツ・ハイゼットトラック 改良新型
  • ダイハツ・ハイゼットトラック 改良新型
  • ダイハツ・ハイゼットトラック 改良新型
  • ダイハツ・ハイゼットトラック 改良新型
  • ダイハツ・ハイゼットトラック 改良新型
  • ダイハツ・ハイゼットトラック 改良新型
  • ダイハツ・ハイゼットトラック 改良新型

ダイハツ工業は、軽トラックの『ハイゼットトラック』をマイナーチェンジし、12月20日に発売した。車両コンセプトは「た さ い トラック」。たさいは「多載」:しっかり積める、「多才」:ユーザーを選ばない、「多彩」:選べるキャビン、豊富な特装車、という意味を持たせた。

農業を中心とした一次産業から建設業等、幅広い業種の顧客から好評を得て来た広い荷台による積載性や耐久性、防錆性等の基本機能はそのままに、使い勝手の良さや快適性を向上したという。

クラスNo. 1の荷台フロア長(ダイハツ調べ、同寸法の他車種あり)や、ガードフレーム荷台長はそのままに、夜間の作業時等に便利なLED荷台作業灯を採用したり、インパネにアッパートレイを新設したりするなど荷台や室内の使い勝手の良さを進化させた。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース