ジープ ラングラー PHV、EVモードは航続34km…CES 2022出展へ

PHVシステム全体のパワーは375hp

3種類の走行モードを切り替え可能

優れたオフロード性能を電動化でも追求

ジープ・ラングラー 4xe
  • ジープ・ラングラー 4xe
  • ジープ・ラングラー 4xe
  • ジープ・ラングラー 4xe
  • ジープ・ラングラー 4xe
  • ジープ・ラングラー 4xe
  • ジープ・ラングラー 4xe
  • ジープ・ラングラー 4xe
  • ジープ・ラングラー 4xe

ジープは12月21日、米国で2022年1月5日に開幕するCES 2022に、『ラングラー』のプラグインハイブリッド車(PHV)、『ラングラー4xe』(Jeep Wrangler 4xe)を出展すると発表した。

◆PHVシステム全体のパワーは375hp

ラングラー4xeの PHVパワートレインは、エンジンが直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボで、最大出力270hp/5250rpm、最大トルク40.8kgm/3000rpmを発生する。このエンジンは、5800rpmまで許容する。シリンダーヘッドに直接取り付けられたツインスクロールの低慣性ターボチャージャーによって、優れたレスポンスとパフォーマンス、燃費を追求している。

従来のオルタネーターに代えて、「eトルク」と呼ばれるベルト・スタート・ジェネレーターを採用する。モーターは、8速ATと一体設計された。このモーターは、最大出力134hp、最大トルク25kgmを引き出す。エンジンとモーターを合わせたPHVシステム全体で、375hpのパワーと65kgmのトルクを獲得する。動力性能は、0~96km/h加速が6.0秒だ。

ラングラー4xeには、回生ブレーキを搭載する。ドライバーがブレーキペダルを踏むと、パワートレインコントロールが電気モーターから最大0.25gの回生ブレーキを作動させ、車両を減速させる。これにより、ブレーキパッドの寿命が延びるという。

ジープ・ラングラー 4xeジープ・ラングラー 4xe

◆3種類の走行モードを切り替え可能

バッテリーは、蓄電容量17kWhのリチウムイオンだ。ラングラー4xeには、「E Selec」と呼ばれる3種類の走行モードがある。ドライバーは、ステアリングホイール左側のボタンを操作して、パワートレインモードを選択する。選択したモードに関係なく、バッテリー残量が少なくなると、自動的に「ハイブリッド」モードに切り替わる。

ハイブリッドモードは基本モードで、2.0リットルエンジンと電気モーターのトルクを最適にバランスする。このモードでは、パワートレインは最初にバッテリーの電力を使用し、バッテリー残量が少なくなると、エンジンからの駆動力を追加する。

「エレクトリック」モードでは、パワートレインは、バッテリー残量が少なくなるまで、ゼロエミッションで走行する。「eセーブ」モードでは、2.0リッターエンジンからの駆動力を優先し、バッテリーの電力を節約する。ドライバーは、「Uconnect」モニターを介して、eセーブモード中に、バッテリーセーブとバッテリー充電のどちらかを選択することもできる。エレクトリックモードでは、最大およそ34kmをゼロエミッション走行できるという。

ジープ・ラングラー 4xeジープ・ラングラー 4xe

◆優れたオフロード性能を電動化でも追求

ラングラー4xeは、ラングラーの4ドアをベースにしている。専用のボンネットを採用し、スキッドプレートと前後の牽引フックも装備する。オフロードホイールと大径タイヤを標準装備した。最低地上高は274mmで、最大760mmの渡河性能を持つ。アプローチアングルは44度、ブレークオーバーアングルは22.5度、デパーチャーアングルは35.6度と、ラングラーならではの優れたオフロード性能と、環境性能の両立を狙う。

充電ポートは、左フロントフェンダーに設けられた。充電状態を示すLEDインジケータが備わる。インストルメントパネル上部にLEDバッテリー残量モニターを装備し、充電中の電池残量を確認できるようにしている。

ラングラー4xeには、「サハラ」、「ルビコン」、「ハイ・アルティテュード」の3仕様が設定される。サハラとハイ・アルティテュードには、フルタイム4WDシステム、前後の新世代「Dana 44」アクスル、2.72:1のローレンジギア比の「Selec-Trac」2速トランスファーケースが装備されている。「Trac-Lok」と呼ばれるリアのLSDは、砂や砂利、雪、氷の上など、トラクションの低い状況でグリップを高めてくれる。

ルビコンは、4:1のローレンジギア比を備えた2速トランスファーケース、フルタイム4WD、前後の新世代Dana 44アクスル、「Rock-Trac 4x4」システムを搭載する。ルビコンはまた、電動スタビライザーディスコネクトなどにより、オフロード性能を追求している。さらに、ラングラー4xeには、ヒルディセントコントロールとセレクスピードコントロールが採用されている。これにより、急勾配での車速のコントロール性を高めた、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース