大阪・関西万博会場内外の輸送に自動運転レベル4 2022年3月から実証実験

次世代都市交通システム実用化に向けた実証実験を実施
  • 次世代都市交通システム実用化に向けた実証実験を実施
  • 実証実験の各社の役割

大阪メトロは、2025年大阪・関西万博会場内外の輸送に自動運転レベル4を実現することを見据えた実証実験を、2022年3月ごろから実施する。11月22日に発表した。

実証実験にはあいおいニッセイ同和損害保険、NTTドコモ、大林組、関西電力、ダイヘン、凸版印刷、日本信号、パナソニック、BOLDLYと共同で実施する。

実証実験は万博会場を想定した1周約400メートルのテストコースを整備し、複数台の自動運転車を運行させることで、自動運転走行の一元管理の課題を抽出するとともに、非接触充電による電動モビリティへの充電制御に関するエネルギーマネジメント技術を検証する。渋滞の少ないエネルギー効率のよい次世代都市交通システム構築について実証する。

今回は、自動運転に加え、車内に5Gを使ったコンテンツ配信、信号協調技術、非接触充電など、さまざまな先進技術についても検証する予定。

また、車両の運行を管理する手法・システムを企画し、マネジメントする高度な専門人材の育成を図るとともに、将来の自動運転化による様々な技術・サービスについても活用の可能性を検証する。

大坂・関西万博で多くの来場者輸送需要が予想される中、待ち時間のない効率的な移動と、将来の自動運転車両を組み込んだ次世代の交通管制システムの構築、新たな移動体験、事業性を検証する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース