スバル、レヴォーグ 1万8000台をリコール…電動パーキングブレーキが解除できなくなるおそれ

スバル・レヴォーグ新型
  • スバル・レヴォーグ新型
  • 改善箇所
  • 対象車両

SUBARU(スバル)は11月18日、『レヴォーグ』の電動パーキングブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2020年11月2日から2021年3月12日に製造された1万8517台。

対象車種は、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)ユニットにて、電動パーキングブレーキ制御プログラムが不適切なため、電動パーキングブレーキが作動中に車両振動が入ると、センサが過敏に反応し、走行中と誤認識することがある。そのため、警告灯が点灯し、電動パーキングブレーキが解除できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、VDCユニットの制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合は23件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース