さらにグリル拡大!? BMW 7シリーズ 次期型、フロントバンパー形状をスクープ

フロントマスクが見えてきたBMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フロントマスクが見えてきたBMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

BMWが開発中のフラッグシップ4ドアサルーン、『7シリーズ』次世代型の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

ニュルブルクリンクでの高速テストに出現したプロトタイプは、キドニーグリルの輪郭が以前より見やすくなっており、グリルがバンパー付近まで下に伸びているように見える。ただし、よく見ると段差があり、カモフラージュの可能性もありそうだ。また下部の中央エアインテークも初めて露出、V字型のスポーティな吸気口に3本のルーバーも見える。

BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
注目の上下二段スプリットヘッドライトは、上部LEDストライプはデイタイムランニングライトとインジケーターの組み合わせとして機能し、下部はメインヘッドライトユニットの可能性が高い。

また、最新のBMWと共有されているフラッシュドアハンドルを装備すると思われ、プロトタイプの白いステッカーはフェイクだ。後部にはラップアラウンドデザインのテールライトの一部が露出、LEDライトバーを隠している様子も伺える。

BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
キャビン内も大きな進化を見せる。わずかに湾曲したサイドバイサイドスクリーンが組み込まれた最新の「iDrive8」を搭載。『2シリーズアクティブツアラー』新型ではiDriveノブをオミットしたが、7シリーズではダイヤルが存続する可能性が高い。

プロダクションモデルでは、『iNEXT』や『i5』を支えるアーキテクチャに共通する新設計のプラットフォームを採用し、幅広いパワートレインを提供する。ラインアップはディーゼルの「735d」、ガソリンの「740i」、プラグインハイブリッドの「745e」、そして「M750e」などが予想されている。

BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
電動バージョンの新シリーズ『i7』は「i740i」、「i750i」、そして頂点には最高出力660psとも噂される「i7 M60」が設定されるようだ。i7 M60では少なくとも2つの電気モーターを搭載、1回の充電による後続は400マイル(644km)を超えると思われる。また735dと740i以外のモデルは全て全輪駆動「xDrive」を搭載する。

BMWは1986年に発売された「E32型」第2世代以降、すべてのモデルにV型12気筒エンジンを搭載してきたが、ついに終焉を迎えることも濃厚だ。最上級レンジを求める顧客は「i7 M60」へ移行することになるだろう。

7シリーズ次世代型のデビューは2022年内、3シリーズ改良新型が発表された後になりそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース