VW初のフル電動SUVクーペ、『ID.5』…欧州発表

電動SUVの『ID.4』のクーペ版に位置づけ

最新のデジタルコックピット

EV専用に開発された「MEB」車台

フォルクスワーゲン ID.5
  • フォルクスワーゲン ID.5
  • フォルクスワーゲン ID.5
  • フォルクスワーゲン ID.5
  • フォルクスワーゲン ID.5
  • フォルクスワーゲン ID.5
  • フォルクスワーゲン ID.5
  • フォルクスワーゲン ID.5
  • フォルクスワーゲン ID.5

フォルクスワーゲンは11月3日、新型EVの『ID.5』(Volkswagen ID.5)を欧州で発表した。

電動SUVの『ID.4』のクーペ版に位置づけ

ID.5は、フォルクスワーゲンブランド初のフル電動SUVクーペだ。フォルクスワーゲンの新世代EVの「ID.」ファミリーの中では、電動SUVの『ID.4』のクーペ版に位置づけられる。

ID.5は、エレガントさやスポーティさを追求する。全長は4599mmで、短いオーバーハングと大きなホイールがその特長を際立たせているという。フロントグリルには、LEDライトストリップをオプションで装備できる。フロントバンパーのグリルは、ハニカムパターンとした。

フラットに傾斜したAピラーは、ルーフラインにエレガントな流れを与える、と自負する。リアには、ワイド感を強調するライトストリップを標準装備して、IDファミリーらしさを演出した。3DデザインのLEDテールライトによって、高級感を追求している。フォルクスワーゲン ID.5フォルクスワーゲン ID.5

最新のデジタルコックピット

SUVクーペボディの中には、ラウンジのような空間コンセプトを持たせた。クーペボディにもかかわらず、ID.5はID.4に対して、後席のヘッドルームをマイナス12mmに抑えた。2766mmのロングホイールベースは、上位の車両クラスのSUVに匹敵するインテリア空間を実現するという。ラゲッジコンパートメントの容量は549リットル。グレードによって、異なるシート素材を採用した。オプションのスポーツシートは、背もたれの上部にIDのロゴをあしらう。

最新のデジタルコックピットには、新しい操作コンセプトを導入する。ドライバーディスプレイとマルチメディアシステムは、高解像度とした。ドライバーの視界にさまざまな情報を表示する拡張現実ヘッドアップディスプレイが、オプションで選択できる。アンビエント照明は最大30色に切り替えられる。「We Connect」サービスは、リアルタイムのオンライン交通情報、オンラインのナビゲーションマップの更新、充電ステーションに関する情報、Webラジオなどをドライバーに提供する。

「Car2X」通信により、フォルクスワーゲンは安全性を追求している。他のフォルクスワーゲン車両から送信されたデータと、半径800m以内の信号機などのインフラストラクチャから得られたデータをもとに、危険なエリア、事故、故障車などの存在をドライバーに警告する。 ダッシュボード上側の横幅いっぱいに配された「IDコックピットライト」は、色を変えることで視覚的な警告をドライバーに与えるのに役立つという。フォルクスワーゲン ID.5フォルクスワーゲン ID.5

EV専用に開発された「MEB」車台

ID.5は、EV専用に開発された「MEB」(モジュラー エレクトリック ドライブ マトリックス)車台を使用する。モーターがギアボックスとともにリアアクスルに組み込まれ、後輪を駆動する。モーターからリアアクスルへのパワーの伝達は、1速ギアボックスを介して行われる。

ID.5は、リアアクスルに搭載されたモーターによって、スポーティかつオールラウンドな性能を追求した。バッテリーは低重心化のために、キャビンのフロア下にレイアウトされた。後輪駆動による強力なグリップが、優れた性能を発揮するという。

フォルクスワーゲンは「We Charge」を利用して、便利でネットワーク化された持続可能な充電システムを追求している。We Chargeのネットワークは、ヨーロッパ全体で約25万か所の充電ポイントを擁する。標準のモード3ケーブルを使用すると、最大11kWの出力で交流(AC)充電することができる。急速充電ステーションでは、最大出力135kWで充電できる、としている。フォルクスワーゲン ID.5フォルクスワーゲン ID.5

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース