スズキ、EWC二輪世界耐久選手権で年間チャンピオンに

「2021 FIM世界耐久選手権(EWC)」の最終戦「モスト6時間耐久レース」が9日、チェコのオートドローム・モストで10月9日に開催され、スズキの参戦チーム「ヨシムラSERT Motul」が3位表彰台を獲得した。チームはシーズン累計ポイントで年間チャンピオンになった。

ヨシムラSERT Motulは初の年間チャンピオン、前身である「スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)」から2年連続17回目、スズキとしては20回目の世界選手権獲得だ。

国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が主催する、二輪車による耐久ロードレースの最高峰であるEWCは、市販車をベースに耐久レース仕様に改造された二輪車で競われる。2021年シーズンは4戦が行なわれ、スズキはヨシムラジャパンにチーム運営を委託し、スーパースポーツモデル『GSX-R1000R』でファクトリチームとして共同参戦した。

予選を3位で通過した「ヨシムラSERT Motul」は、1周目の第1コーナーをトップで進入するなど常に上位で堅実で安定した走りを続け、無事3位でレースを終了。これで合計ポイントは175.5となり、2位チームと42.5ポイントの差をつけ、年間チャンピオンを獲得した。

スズキはシーズン初戦「ルマン24時間」、第3戦「ボルドール24時間」で優勝している。スズキでは、ヨシムラSERT Motulのチームワークの高さとGSX-R1000Rの高い総合力を証明した、と自賛している。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース