ローダウンにシビれる!ベントレー ベンテイガ、珠玉の「ブラックエディション」復活か

ベントレー初のクロスオーバーSUV『ベンテイガ』は、2020年7月に改良新型を発表したが、新たに設定されると見られるスペシャルモデルの開発車両をカメラが初めて捉えた。

初代となるベンテイガは2016年に発売、2018年にはV型8気筒モデルやハイブリッドモデルを設定。2019年には最高出力を635psまで高めた「ベンテイガ スピード」が発売された。2020年にフェイスリフトが執行され、デザインを刷新している。

ニュルブルクリンクで捉えたプロトタイプはカモフラージュが一切なく、W型12気筒エンジンを搭載した「ベンテイガ スピード」をベースにしているようだ。ただし、ボディを若干ローダウンし、外観クローム、グリル、フェンダーベント、ウィンドウトリム、排気システムなどにブラック加工がなされている。

ベントレー ベンテイガ 改良新型ベースのプロトタイプ(スクープ写真)ベントレー ベンテイガ 改良新型ベースのプロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
後部では「ベンテイガS」と同様のリアディフューザーを装備しているほか、標準の楕円形エキゾーストパイプではなく4つの異なる排気口がみられるなどミステリアスなプロトタイプだ。

現段階でベントレーが何をテストしているのか明らかではないが、一つの可能性として「ブラックエディション」が予想される。ブラックエディションは2017年のモントレーカーウィークで北米デビューしたが、改良新型で復活となるか。

以前のブラックエディションには、フロントスプリッター、サイドスカート、リアスポイラー、など多くのカーボンファイバーコンポーネントが装備されていたほか、ドリルドアロイペダルとベントレーバッジが刺繍されたダイヤモンドキルティングレザーシートが装備された超豪華仕様だった。

前モデルのパワートレインは、6.0リットルW型12気筒エンジンを搭載し、最高出力635ps、最大トルク900Nmを発揮した。このエンジンがキャリーオーバーされる可能性もあるが、プロトタイプには「ベンテイガS」と多くの類似点がみられるため、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載するかもしれない。この場合、最高出力は550ps、最大トルク770Nmが予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》
【画像】ローダウンにシビれる!ベントレー ベンテイガ、珠玉の「ブラックエディション」復活か(9枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース