トライアンフ タイガースポーツ660 発表、3気筒エンジン搭載のオールラウンダー

トライアンフモーターサイクルズジャパンは10月5日、ミドルサイズアドベンチャー新型『タイガースポーツ660』を発表した。

タイガースポーツ660は、昨年発売したミドルクラスロードスター『トライデント660』同様、最高出力81ps/最大トルク64Nmを発生する660cc 3気筒エンジンを搭載する。より楽しい走りを目指して最適化した6速ギアボックスがスムーズなシフトチェンジを実現。スリップアシストクラッチがライダーの疲労を軽減し、快適なロングライドをサポートする。

ステアリングには軽量アルミニウム製のテーパーハンドルバーを採用し、アップライトなポジションで正確かつコントローラブルな操作を実現する。高さ835mmのツインシートは、人間工学に基づいて最適化されたリア用のグラブハンドルを標準装備。スリムなスタンドオーバー幅により、低速時の操作性と停止時の安定感を実現している。

足回りには、ショーワ製41mm倒立式セパレートファンクションフォーク、ショーワ製モノショックリアサスペンションユニットと油圧式リモートプリロード調整機能などを装備。さらにロードとレインのライディングモード、最新式ABSと切替式トラクションコントロールなどでライディングをアシストする。

新型タイガースポーツ660は、ツインヘッドライトを備えたコックピットから、リアエンドとラインが一致するテールライトまで、クリーンで流れるようなラインで造形されたまったく新しいボディワークを採用。さらに、ティアドロップ型ミラー、ラジエターカウル、フォークプロテクター、ステンレス製サイレンサーなど、高級感あふれるスタイリングを採用している。美しい形状のタンクは容量17リットルで優れた航続距離を実現。片手で高さ調整可能なエアロダイナミックスクリーンも装備する。

カラーは、ブルー/ブラック、レッド/ダークグレー、ダークグレー/ブラックの3種類を用意。価格は112万5000円(レッド/ダークグレーは114万円)。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース