【スズキ ワゴンR スマイル】日立アステモのステレオカメラを採用

日立アステモは、同社のステレオカメラが、スズキの新型軽乗用車『ワゴンRスマイル』に採用されたと発表した。

新型ワゴンRスマイルは、狭路でのすれ違い時の接触防止をサポートする「すれ違い支援機能」をスズキとして初採用したほか、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」や「車線逸脱警報機能」、「全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)」など、数々の先進運転支援システム(ADAS)を搭載する。これらの機能を支えるのが、夜間歩行者検知機能を有する日立アステモのステレオカメラ。日立独自の機械学習技術を活用した、高精度な検知機能を実現するための画像による教師データを入力し、夜間における歩行者の検知能力を高めている。

なお、ワゴンRスマイルは、「サポカーSワイド」や「衝突被害軽減ブレーキ認定車」、「ペダル踏み間違い急発進抑制装置認定車」に該当。日立アステモは安全運転サポート車を高度なADAS技術で支援していくとともに、交通事故の防止にも貢献していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース