まもなく姿を現す北陸新幹線加賀温泉駅…11月末までには外観の足場を解体へ

2024年春に予定されている北陸新幹線敦賀延伸時に供用が開始される加賀温泉駅(石川県加賀市)新駅舎の外観が、福井駅(福井県福井市)や越前たけふ駅(福井県越前市)に続いて、まもなく姿を現す。

「加賀の自然と歴史、文化を見せる駅」をコンセプトに、温泉郷の風情と城下町の歴史を感じさせる駅として、2020年から屋根や外壁の工事などが進められていた新駅舎は、10月7日には駅名標の設置に伴ない付近の足場と、駅舎中央部の足場が解体される予定で、11月末までにはすべての足場が解体される運びとなっている。

駅構内は相対式ホームの2面4線で、ホーム延長は312m。今後は開業へ向けて内装工事や設備工事が進められる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース