フォード マスタング・マッハE、米警察の評価テストに合格した最初のEVに

フォードモーターは9月24日、フォード『マスタング・マッハE』(Ford Mustang Mach-E)のプロトタイプが、米国ミシガン州警察の2022年モデル評価テストに合格した最初のEVになった、と発表した。

プロトタイプのベース車両が、マスタング・マッハEの高性能グレードの「GT」だ。GTグレードのモーターは、前後に搭載されており、2つのモーターは合計で最大出力459hp、最大トルク84.6kgmを獲得する。駆動方式は4WDの「eAWD」だ。0~96km/h加速は3秒台の性能を発揮する。

GTには、さらなる高性能仕様として「GTパフォーマンスエディション」を設定する。モーターが強化されており、2つのモーターは合計で最大出力480hp、最大トルク87.6kgmを引き出す。ベースのGTに対して、パワーは21hp、トルクは3kgm引き上げられた。駆動方式は4WDのeAWD。0~96km/h加速は3.5秒の性能を可能にしている。

GTとGTパフォーマンスエディションのリチウムイオンバッテリーは、蓄電容量を標準仕様の68kWhから88kWhへ増加させた。EPA(米国環境保護局)が公認した1回の充電での航続は、GTが435km、GTパフォーマンスエディションが418kmとなる。

このマスタング・マッハEのプロトタイプが、米国ミシガン州警察の2022年モデル評価テストに合格した最初のEVになった。評価テストでは、加速や最高速、ブレーキングなどの追跡性能をはじめ、緊急時の対応性能が試された。ミシガン州警察は、毎年新しいモデルイヤーの警察車両をテストし、その結果を全米の警察が利用できるように公開している。

《森脇稔》
【画像】フォード マスタング・マッハE、米警察の評価テストに合格した最初のEVに(6枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース