シボレー インパラ、3度目の復活はEVで!? 可能性を探る

GMがシボレーブランドで販売していた『インパラ』が復活する可能性があるという情報を入手、その予想CGを入手した。

初代インパラは1958年にデビュー、2ドアハードトップクーペとコンバーチブルが設定、翌1959年には「4ドアハードトップ/セダン」が追加された。1985年には生産終了となるが、1994年に復活を遂げている。第2世代では、5.7リットルLT1V型8気筒エンジンを搭載し、パフォーマンス重視のセダンだったが、わずか2年で生産終了した。2000年に再びインパラの車名が復活するが、2020年に販売終了となっており、後継モデルへの期待が高まっている。

デザイナーのRain Prisk氏に提供してもらった予想CGは、ボディをかなりローダウン。シボレー「カマロ」を彷彿させるフロントバンパーを装備しているほか、スリムなヘッドライト、縦基調のLEDデイタイムランニングライトバーがバンパーコーナーに配置されている。またショルダーラインに沿って走るくっきりとしたクロムのストライプがスポーティなイメージを与えている。

サイドから見るとルーフは低く、ウィンドウ開口部もコンパクトなことがわかるほか、Bピラーがないのも特徴的だ。

現段階でインパラの復活は断言できないが、市販化されるならば、時代の流れからもボンネットの下には、強力な電気モーターと大容量のバッテリーを積むフルエレクトリックモデルが濃厚だろう。

《Spyder7 編集部》
【画像】シボレー インパラ、3度目の復活はEVで!? 可能性を探る(6枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース