ヨシムラSERT Motul、FIM世界耐久選手権「ボルドール24時間」で優勝

仏ポールリカールサーキットで9月18日から19日にかけて開催された「2021 FIM世界耐久選手権(EWC)」の第3戦「ボルドール24時間耐久レース」にて、スズキの参戦チーム「ヨシムラSERT Motul」が優勝した。

EWCは市販車をベースに耐久レース仕様に改造された二輪車で競われる耐久ロードレースの最高峰。スズキはヨシムラジャパンにチーム運営を委託し、スーパースポーツモデル『GSX-R1000R』で共同参戦している。

予選をトップ通過し、1番手でスタートした「ヨシムラSERT Motul」は、1周目から果敢に攻め、毎時間の経過時点の順位にて、最初の1時間経過時点からトップに立った。その後、9時間経過後に降り始めた雨による転倒でピットストップを余儀なくされ、順位を2位に落としたが、12時間経過時点で再びトップに立ってからは一度もトップを譲ることなく、2位に19周差の704周でゴールした。

ヨシムラSERT Motulは今回の勝利でシーズン累計ポイントを141とし、2位「VRD IGOL EXPÉRIENCES」との差を36ポイントに広げた。シーズンチャンピオンが決定する最終第4戦「モスト8時間耐久レース」は10月9日、チェコで開催される。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース