空港アクセスナビに新機能「バリアフリー地図/ナビ」 ANA

ANA、WheeLog、ゼンリン、ゼンリンデータコムの4社は、経路検索サービス「ANA空港アクセスナビ」の徒歩区間における「バリアフリー地図/ナビ」機能の運用を9月15日より開始した。

ANA空港アクセスナビは、経路検索機能に航空便の運航情報とターミナルや搭乗口、保安検査場などのロケーション情報を付加したANA独自のサービス。新機能のバリアフリー地図/ナビでは、経路検索結果に表示された屋外徒歩区間における最短ルート情報や、車いすで実際に走行したルート・利用したスポットなどのバリアフリー情報を表示。目的地までの最短経路と合わせて、車いすユーザー向け移動参考情報を確認できる。

また、みんなでつくるバリアフリーマップ「WheeLog!アプリ」との併用により、本機能を使用した車いすユーザー向けの走行ルートやスポット情報の追記・編集が可能。車いすユーザーが互いの移動を支えあうデータベースの構築が進む。

ANA、WheeLog、ゼンリン、ゼンリンデータコムをはじめとしたUniversal MaaSのパートナー各社は、従来より交通事業者、自治体、大学などと連携し、何らかの理由で移動にためらいのある人(移動躊躇層)に提供する移動サービスの実証実験を行ってきた。今年度は、国土交通省「令和3年度日本版MaaS推進・支援事業」に採択され、さらなる機能の社会実装を目指して実証実験を行う予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース