WHILL 自動運転システム、羽田空港内のサービスエリアを拡張

WHILLと羽田空港旅客ターミナルを運営する日本空港ビルデングは、昨年7月に羽田空港第1ターミナル北エリア内に初期導入した「WHILL自動運転システム」運行サービスを、6月14日より、第1・第2ターミナルの国内線出発ゲートラウンジ全域に拡張すると発表した。

WHILL自動運転システムは、デザイン性と走破性に優れたパーソナルモビリティに自動運転・自動停止機能などを搭載した「WHILL自動運転モデル」と、複数の機体を管理・運用するシステムで構成。あらかじめ収集した地図情報と、センサー群で検知した周囲の状況を照らし合わせ、歩道・室内での自動走行および自動運転による無人返却を実現する。

WHILL自動運転システム運行サービスでは、利用客自身のタッチパネル操作で自動運転パーソナルモビリティを使って搭乗ゲートまで移動できる。これにより、長距離歩行に不安を感じている人を含むすべての利用客に快適な移動手段を提供。また、利用時に空港係員との接触を回避することで、新型コロナウイルス感染症への感染リスク低減にも寄与する。

昨年7月の初期導入時点で、空港における自動運転パーソナルモビリティの実用化は羽田空港が世界初。導入期間にて安定した運用が確立されたため、今回、羽田空港第1・第2ターミナルの国内線出発ゲートラウンジ全域に展開することを決定した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース