DX銘柄28社を選定…ヤマハ発動機やブリヂストンなど 経済産業省と東証

経済産業省は6月7日、東京証券取引所と共同で「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」を選定し、「DX銘柄2021」選定企業28社と「DX注目企業」20社を発表した。

DX銘柄とDX注目企業は、情報システムの導入、データの利活用に加え、デジタル技術を前提としたビジネスモデル変革や経営改革にチャレンジし続けている企業として選定さした。

また、2021年度は、新型コロナウイルス感染症を踏まえた対応に関して、デジタル技術を活用し、優れた取り組みを実施した企業を「デジタル×コロナ対策企業」として11社選定した。

DX銘柄は東証に上場している企業の中から、デジタル技術を前提として、ビジネスモデルを抜本的に変革し、新たな成長・競争力強化につなげるDXに取り組む企業を、業種ごとに最大1~2社ずつ選定した。

ヤマハ発動機やブリヂストン、コマツ、出光興産、JFEホールディングス、旭化成、NEC、JR東日本、ソフトバンクなどが選ばれた。

DX銘柄に選定された28社のうち、特に優れた取組を行った企業として日立製作所とSREホールディングスが選ばれた。

また、企業価値貢献部分で注目されるDXの取り組を実施しているDX注目企業には、三菱重工業、SOMPOホールディングス、AGC、富士通、NTTなどが選定された。DX銘柄:ヤマハ発動機DX銘柄:ヤマハ発動機

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース