ボルボカーズと吉利汽車、提携強化に合意…電動アーキテクチャの共有や自動運転技術など

ボルボカーズ(VolvoCars)は2月24日、吉利汽車(GeelyAuto)との提携を強化し、電気自動車アーキテクチャの共有や自動運転技術などの面における幅広い協業で合意した、と発表した。

ボルボカーズと吉利汽車は、既存のパワートレイン事業を新会社に統合することを確認した。2021年の操業開始を予定している新会社は、内燃機関、トランスミッション、次世代デュアルモーターハイブリッドシステムを、両社や他の自動車メーカーに供給していく。

両社は協業を通じて、コネクティビティや自動運転、カーシェアリング、電動化まで、次世代テクノロジーの開発と調達に注力する。両社はバッテリー、電気モーター、コネクトソリューションを共有し、共同で調達することを計画している。これには、ボルボカーズのソフトウェア開発会社の「Zenseact」が主導する形で共同開発される自動運転ソリューションが含まれている。

また両社は、新しい「SEA」と「SPA2」の電動アーキテクチャを、ブランド間で共有することを計画している。次世代のモジュラーEVアーキテクチャのハードウェアとソフトウェアの開発速度と効率を高めるために、共同の取り組みを開始した。

ボルボカーズは、企業間でプラットフォームとアーキテクチャを共有することで、相乗効果が高まり、ボルボカーズ、吉利汽車、Lynk&Co、ポールスターの各ブランドや外部パートナー全体で、製品ラインナップを拡大できる、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース