BMW X5・X6・X7 ディーゼルモデル、48Vマイルドハイブリッド搭載

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は2月24日、『X5』、『X6』、『X7』のクリーンディーゼルエンジン搭載モデルに48Vマイルドハイブリッドテクノロジーを搭載すると発表した。

48Vマイルドハイブリッドテクノロジーは、制動エネルギー回生を行う48Vスタータージェネレーターと、発電された電気を蓄積する追加のバッテリーで構成。電気で作動する機能に電力を供給するだけでなく、スタータージェネレーターに電力を戻し、電気駆動システムとして作動させることで、エンジンの負荷を軽減するとともに効率を最適化する。さらに、ジェネレーターは電気を使って加速をブースト(最大11ps)することで、発進および加速をサポート。また、コースティング機能も採用することで燃費効率を高めている。モデルによって異なるが、燃料消費率は、WLTCモードで最大1.1km/リットル向上している。

「X7 xDrive40d」は、48Vマイルドハイブリッドシステムの搭載とともに、新開発の直列6気筒直噴ディーゼルターボエンジンを搭載する。直列6気筒エンジンに初めてマルチステージターボチャージャーを採用することでシステムを最適化。ピエゾインジェクションによる最新のコモンレールダイレクトインジェクションを採用し、パフォーマンスと効率を高め、最高出力は現行モデルのxDrive35dより75psアップの340ps、最大トルクは同80Nmアップの700Nmを発揮する。

クリーンディーゼルエンジン搭載モデルの価格はX5が945万円から1043万円、X6が997万円から1081万円、X7が1114万円から1286万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース