VW アルテオン、ガス欠に気をつけて…残量表示不具合で3400台をリコール

フォルクスワーゲングループジャパンは2月18日、『アルテオン 2.0/206kW』と『パサートオールトラック TDI/140kW』の燃料ゲージに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2018年2月22日から2019年9月21日に輸入された4387台(アルテオン3408台/パサートオールトラック979台)。

不具合箇所は燃料タンクに取り付けられている燃料ゲージ付きサクションジェットポンプ。製造時の組付指示が不適切なため、使用過程でポンプが傾くことがある。そのため、燃料残量が正しく検出できずに実際より燃料を多く表示。最悪の場合、走行中に燃料切れによりエンストするおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料ゲージ付きサクションジェットポンプを対策品に交換する。

不具合は457件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース