電動キックボードが自転車専用路を走行…長谷川工業の計画を認定 経産省

経済産業省は、長谷川工業が申請していた、電動キックボードが普通自転車専用通行帯を走行するための、産業競争力強化法に基づく新事業活動計画を認定した。経産省が1月15日に発表した。

電動キックボードは、道路交通法上の原動機付自転車に分類されており、車道の通行が義務付けられている。昨2020年7月に事業者から普通自転車専用通行帯を通行可能となるように規制の特例措置の整備が要望された。これをを踏まえ、規制所管官庁が電動キックボードによる普通自転車専用通行帯の走行を可能とする特例措置が整備された。

今回、経済産業省は長谷川工業から申請のあった新事業活動計画が産業競争力強化法に適合するものとして認定した。これによって同社は、新たな規制の特例措置を活用して、計画内において電動キックボードによる普通自転車専用通行帯の走行が可能となる。

認定された同社の計画は、千葉市内の定められたエリア内で、利用希望者を募集して一定期間、電動キックボードを貸し出し、利用者の走行データをGPSを介して収集する。収集したデータは、普通自転車専用通行帯を走行している自転車や車道を走行している原動機付自転車と比較分析する。期間は1~3月。
今回の電動キックボードで自転車通行帯を走行できるエリア今回の電動キックボードで自転車通行帯を走行できるエリア

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース