ゼンリンデータコムとA.L.I.、ドローン物流配送システム構築で業務提携

ゼンリンデータコムは11月10日、A.L.I.テクノロジーズと業務提携し、ドローン物流配送システムの構築を目指すと発表した。

ゼンリンデータコムは、高精度な地図データを活用した事業や、地図データや位置情報に付加価値情報を付けたサービスの提供を展開。またゼンリングループでは2016年からドローン事業にも力を入れている。

今回の業務提携では、ゼンリングループが保有するドローン用3次元地図データ、経路探索エンジン、気象情報を提供し、A.L.I.と共同で、先端技術を活用したドローン物流管理システムやドローンを含むマルチモーダル物流管理システム構築に向けた検討を行っていく。

A.L.I.は、同社が提供するUAV(無人航空機)の群制御、航空管制を可能にするトラフィック管理プラットフォーム「C.O.S.M.O.S(コスモス)」に、ゼンリンデータコムの提供データを組み込み、ドローン物流配送における新たな商用サービスを創出する。

両社は今後、新たなドローン物流配送システムを創出し、来年度夏頃より過疎地におけるドローン物流配送にて本サービスの商用化を開始する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース