メルセデスベンツ、アストンマーティンに対する出資比率を20%に拡大へ…電動化などで提携強化

アストンマーティン・ヴァンテージ。V8エンジンはメルセデスAMGが供給
  • アストンマーティン・ヴァンテージ。V8エンジンはメルセデスAMGが供給
  • アストンマーティン・ヴァンテージ
  • アストンマーティン・ヴァンテージ

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)とアストンマーティン(Aston Martin)は10月27日、戦略的提携を強化すると発表した。

メルセデスベンツとアストンマーティンは2013年、メルセデスAMGのV8エンジンの供給と、電動アーキテクチャ部品の供給を柱とした戦略的提携を締結した。同時に、メルセデスベンツはアストンマーティンに出資し、全株式の5%を取得した。2018年にアストンマーティンはIPOを実施。メルセデスベンツは現在、アストンマーティンの全株式の2.6%を保有している。

今回の提携強化により、メルセデスベンツの次世代ハイブリッドや電動パワートレイン、その他の車両コンポーネントやシステムなどの最新技術を、アストンマーティンが利用することが可能になる。

また、メルセデスベンツは今後3年間に、アストンマーティンへの出資比率を段階的に引き上げる。アストンマーティンが発行する新株を取得し、アストンマーティンへ出資比率を、現在の2.6%から20%を上限に増やしていく。メルセデスベンツによると、アストンマーティンの全株式の20%以上を取得する計画はないという。

メルセデスベンツ乗用車のWolf-DieterKurz製品戦略責任者は、「アストンマーティンとの技術提携は成功しており、両社に利益をもたらしている。今回の提携強化により、アストンマーティンに次世代のハイブリッドや電動パワートレインを含む最新テクノロジーとコンポーネントを供給できる。アストンマーティンとの協力を継続できることを楽しみにしており、次の成長段階で成功することを期待している」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタとNTTが資本業務提携、未来の車社会実現に向けた“仲間づくり”が大きく前進 画像 トヨタとNTTが資本業務提携、未来の車社会実現に向けた“仲間づくり”が大きく前進
  • ホンダ、中国ネット大手のテンセントと提携…アプリの車載化で 画像 ホンダ、中国ネット大手のテンセントと提携…アプリの車載化で
  • VWとフォードモーター、EVや自動運転車を共同開発…提携を正式調印 画像 VWとフォードモーター、EVや自動運転車を共同開発…提携を正式調印
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース