BMW M3 初のワゴン「M3ツーリング」その実車をスクープ!アウディ&AMGとガチンコ対決へ

BMWは8月に入り、高性能モデル『M3』に初となる派生ワゴン『M3ツーリング』を設定することを正式発表。しかしその外観は、1点のティザーイメージ画像が公開されたのみだった。今回、スクープサイト「Spyder7」が実車のプロトタイプを捕捉することに成功した。

BMWは2000年製「M3ツーリングワゴン」を、社内向けの研究開発を目的に試作車として制作した過去があるが、市販には至っていない。M3ツーリングは、1985年から販売されている「M3」の歴史で初の設定となる。

捉えたプロトタイプは、M3セダン次期型と同じノーズを装備。バンパーまで広がるメガ・キドニーグリルやフードバルジが組み込まれいる。また二分割されたコーナーエアインテーク、ブレーキ冷却用のコンパクトな垂直スリットもM3セダンと同様だ。

BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
またサイドビューからは、『3シリーズツーリング』より少しワイドなリアフェンダーが見てとれるほか、リアエンドには2セットのデュアルエキゾーストシステムが装着されていることがわかる。ルーフレールも備えており、ほぼ市販型といってよさそうだ。

M3セダン(および兄弟車のM4クーペ)のパワートレインは、最高出力480hpを発揮する3.0リットル直列6気筒ツインターボ「S58」エンジンを搭載。6速MT、または「Drivelogic」を搭載した8速「Mステップトロニック」と組み合わせる。また、より強力な「コンペティション」では、最高出力510hpを発揮、Mステップトロニックのみ提供される。

M3セダンでは、まず後輪駆動モデルを発売し、遅れて四輪駆動「M xDrive」が初設定される。M3ツーリングのドライブトレインの可能性はまだ明確ではないが、両方のセットアップを提供する可能性は十分にあるだろう。

M3ツーリングのワールドプレミアは、2022年内と予想されている

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース