トヨタグループの世界販売、12.0%減の82万1719台に回復 7月実績

トヨタ自動車は8月28日、2020年7月のダイハツ、日野を含むトヨタグループの生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。グローバル販売台数(含軽)は前年同月比12.0%減の82万1719台で7か月連続のマイナスとなった。

トヨタグループの世界販売台数はコロナ禍の影響で、4月は同45.3%減、5月は同34.1%と落ち込んでいたが、6月は同16.9%減、7月は12.0%減と回復基調にある。

国内販売(含軽)は同12.2%減の18万9554台で10か月連続の前年割れとなった。含軽市場のシェアは47.8%で、前年同月と比べて0.8ポイントアップ。海外販売は同12.0%減の63万2165台で7か月連続のマイナスとなった。

グローバル生産台数は同13.8%減の79万3291台で10か月連続のマイナスとなった。国内生産は同18.3%減の34万7855台で10か月連続のマイナス。海外生産は同10.0%減の44万5436台で14か月連続のマイナスとなった。

輸出は同31.9%減の14万4306台で8か月連続のマイナスだった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース