トヨタの新型SUV、『アーバンクルーザー』の予約受注を開始…11月インド発売

力強さを表現したフロントマスク

最新のコネクティビティ

AT車にはマイルドハイブリッドの「ISG」採用

トヨタ・アーバンクルーザー
  • トヨタ・アーバンクルーザー
  • トヨタ・アーバンクルーザー
  • トヨタ・アーバンクルーザー
  • トヨタ・アーバンクルーザー
  • トヨタ・アーバンクルーザー
  • トヨタ・アーバンクルーザー
  • トヨタ・アーバンクルーザー
  • トヨタ・アーバンクルーザー

トヨタ自動車のインド部門は8月22日、新型車の『アーバンクルーザー』(Toyota Urban Cruiser)の予約受注を開始した。11月、インド市場で発売される予定だ。

アーバンクルーザーは、トヨタが新開発したコンパクトSUVだ。トヨタはこのアーバンクルーザーを擁し、インドで激戦区のコンパクトSUVセグメントに進出する。アーバンクルーザーは、トヨタのSUVに関心を持つ若い顧客や、トヨタのグローバル販売とアフターサービスの基準を体験したいと考えている新しい顧客をターゲットにする。

トヨタは、インドでの小型SUVの需要の高まりに対応するために、アーバンクルーザーを投入することを決めた。インドの祝日で、ヒンドゥー教のお祝いの「ディーワーリー」が開催される11月に合わせて、アーバンクルーザーを発売する予定だ。

力強さを表現したフロントマスク

アーバンクルーザーのエクステリアは、フロントに2本の横バーを備えたスラットウェッジカットダイナミックグリルを装備し、力強さを表現した。フォグランプはクロームで縁取り、大胆な台形エリアにレイアウトした。さらに、デュアルチャンバーLEDプロジェクターヘッドランプ とデュアルLED デイタイムランニングライト、LEDフォグランプを採用した。足元には、16インチのダイヤモンドカットアルミホイールをオプションで用意する。

ボディカラーは、ホワイト、シルバー、グレー、オレンジ、ブラウン、ブルーなど全6色をラインナップした。ブラウン+ブラックルーフ、ブルー+ブラックルーフ、オレンジ+ホワイトルーフのツートンも選択できる。

最新のコネクティビティ

インテリアは、人間工学に基づいてレイアウトされており、広い空間を追求した。エンジンプッシュスタート/ストップボタン付きのスマートエントリー、オートエアコンなどの装備を充実させた。デュアルトーンのダークブラウンプレミアムインテリアも選択できる。

コネクティビティの面では、Appleの「Carplay」とグーグルの「Android Auto」を備えた「スマート・プレイキャスト」タッチスクリーンオーディオ、スマートフォンベースのナビゲーションを装備した。レインセンシングワイパー、クルーズコントロール、エレクトロ・クロミック・インサイドリアビューミラー「IRVM」などのハイエンドな機能も搭載する。爽快な乗り心地や快適性も追求されている。

顧客満足度をさらに高めるために、アーバンクルーザーには、新車登録から3年間/走行10万kmの保証が付帯する。この保証は、延長することも可能だ。「WhatsApp」通信など、便利なサービスも用意されている。

AT車にはマイルドハイブリッドの「ISG」採用

パワートレインには、新開発の「Kシリーズ」1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。このエンジンはパワフルでありながら、燃費効率の高い優れた運転体験を可能にしているという。

トランスミッションは、MTとATを用意した。すべてのAT搭載車には、マイルドハイブリッドとして、「ISG」(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み込む。ISGはリチウムイオンバッテリーと組み合わせられ、エンジントルクのアシスト、回生ブレーキ、アイドリングストップなどの機能を備えている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタ ヤリスクロス】想像以上に本格派…明らかになった走りの実力と使い勝手[詳細画像60枚] 画像 【トヨタ ヤリスクロス】想像以上に本格派…明らかになった走りの実力と使い勝手[詳細画像60枚]
  • 日産の新グローバル小型SUV、『マグナイト』…インテリアの写真 画像 日産の新グローバル小型SUV、『マグナイト』…インテリアの写真
  • スズキ Sクロスに新世代スマートハイブリッド、燃費18.55km/リットル…インドでクラス最高 画像 スズキ Sクロスに新世代スマートハイブリッド、燃費18.55km/リットル…インドでクラス最高
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース