NTTドコモ、データビジネスや自動運転など事業化へ…タクシー配車アプリのモビリティテクノロジーズと提携

NTTドコモは7月13日、タクシー配車アプリ「JapanTaxi」、「MOV」の運営などを展開するモビリティテクノロジーズと提携することで合意したと発表した。MaaSの発展やスマートシティを見据えたデータビジネスや自動運転などでの事業化を検討する。

モビリティテクノロジーズが提供する配車アプリと「d払い」などの決済サービス、dアカウントでの認証、MaaS領域で連携して、利用者に快適な移動手段の提供を目指す。また、両社のアセットを活用し自動運転やデータ活用ビジネスなどにおける事業化を検討し、次世代モビリティサービスの実現を目指す。

両社の連携を強化するため、ドコモがモビリティテクノロジーズが第三者割当増資により発行する株式を最大200億円で取得する。

ドコモはモビリティテクノロジーズの前身であるJapanTaxiと資本・業務提携し、「JapanTaxi」アプリや、全国展開をしているQRコード決済機能を搭載した広告タブレットに、ドコモの「d払い」を導入するなど、連携してきた。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース