古河電工とゼンリンデータコム、AIを活用した道路附属物点検表作成サービスを開始

古河電工とゼンリンデータコムは6月25日、ドライブレコーダーの映像と人工知能(AI)技術を活用して、道路標識・照明・カーブミラーなどの小規模道路附属物の位置や属性情報を検出し、点検表を自動作成する自治体向けサービス「みちてんスナップ」の提供を開始した。

従来、道路附属物の点検・維持管理には、膨大な時間と人手がかかり、各自治体にとって課題となっていた。

みちてんスナップでは、市販のドライブレコーダーを取り付けた車両で点検対象道路を走行。走行動画データをAIによる道路附属物画像認識技術により解析し、国土交通省の点検要領に基づいた道路附属物の点検表を作成する。点検表にはゼンリンの詳細な地図データを活用。道路附属物の正確な位置を把握することでより効率的な作業が可能になる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース