シトロエン C3、テールランプに浸水のおそれ リコール

シトロエン C3(2018年)
  • シトロエン C3(2018年)
  • 改善箇所

グループPSAジャパンは6月18日、シトロエン『C3』のテールゲートに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年2月23日~12月23日に輸入された1206台。

対象車両は、テールゲートラバーストップの防水性評価が不十分なため、取付部からテールランプ内に水が浸入することがある。そのため、電気回路がショートして、ウインカーやバックランプが点灯しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、テールゲートラバーストップを新品に交換し、シール剤を塗布する。なお、テールランプ内に水が浸入した痕跡がある場合は、テールランプを新品に交換する。

不具合は8件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 【シトロエン C3 新型まとめ】クルマには“個性”が必要だ…デザインや比較、試乗記 画像 【シトロエン C3 新型まとめ】クルマには“個性”が必要だ…デザインや比較、試乗記
  • 【シトロエン C3エアクロスSUV 新型試乗】気分を軽く、日常を楽しくしてくれる…島崎七生人 画像 【シトロエン C3エアクロスSUV 新型試乗】気分を軽く、日常を楽しくしてくれる…島崎七生人
  • BEWITH純正交換型プレミアムスピーカーキット、シトロエンのディーラーオプションに採用 画像 BEWITH純正交換型プレミアムスピーカーキット、シトロエンのディーラーオプションに採用
  • 上場企業の新型コロナ影響…最終利益で4兆円減少、6割が今期見通し「未定」 東京商工リサーチ 画像 上場企業の新型コロナ影響…最終利益で4兆円減少、6割が今期見通し「未定」 東京商工リサーチ

特集

おすすめのニュース