ホンダ ゴールドウイング、Android Auto の適用開始…順次適応車種を拡大へ

Android Auto(イメージ)
  • Android Auto(イメージ)
  • ホンダ ゴールドウイング

ホンダは5月13日、大型二輪『ゴールドウイング』シリーズへの「Android Auto」適用を開始すると発表した。

現行ゴールドウイングシリーズよりAndroid端末を持つユーザーも、音楽再生やナビゲーション機能、通話・メッセージ機能などシームレスにつながる各種アプリケーションサービスが利用可能になる。

ゴールドウイングは、1975年に米国で『ゴールドウイング GL1000』を発売して以来、40年以上にわたりホンダのフラッグシップモデルとして進化してきた。2017年10月のフルモデルチェンジでは、Apple CarPlayを二輪車として初採用。快適なライディングをアシストするナビゲーション機能をはじめ、アプリケーションに特化したサービスを備えることで多くのユーザーに好評を得ている。

Android Autoは、シンプルなインターフェイスと音声入力機能を通じて、ライダーがライディングに集中できるよう設計。Googleアシスタントの使用により、ライディング中にハンドルから手を離すことなく、お気に入りの音楽、メディア、またはメッセージアプリへ簡単にアクセスできるようになる。

日本国内では6月15日より、ソフトウェアの更新方法をホームページで案内する予定。今後、適用対象モデルを拡大することで、より多くのライダーに、さらなる快適、利便性を提供していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース