BMW 2シリーズ クーペ最強モデル「M2 CS」発表、最高出力450ps…日本導入60台はすでに完売

BMW M2 CS
  • BMW M2 CS
  • BMW M2 CS
  • BMW M2 CS
  • BMW M2 CS
  • BMW M2 CS
  • BMW M2 CS
  • BMW M2 CS
  • BMW M2 CS

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は4月6日、『M2 CS』を日本全国60台限定で導入すると発表した。M2 CSは、高性能モデル『M2コンペティション』を更に強化した、2シリーズクーペの頂点に立つモデルとなる。

パワーユニットは、M2コンペティションより最大出力を40ps向上させ、最高出力450ps、最大トルク550Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載。サーキット走行に適応させたアダプティブMサスペンションや、走行状態に応じてパワーを左右リヤホイール間で最適配分するアクティブMディファレンシャルを標準装備とすることで、サーキットでのアグレッシブな走行時であっても、高い操縦安定性を発揮する。

また、ルーフ、フロントスプリッター、リアスポイラー、リアディフューザーに加え、ボンネットにカーボンファイバー強化樹脂(CFRP)を採用することで軽量化を実現。ルーフにはCFRPを使用したサンドイッチ構造を取り入れることで、室内への遮音性およびボディの剛性を高めている。ボンネット中央にはエアベントを採用し、高性能モデルに相応しい存在感あるデザインを実現するとともに、エンジンの冷却やダウンフォースを高め、空気抵抗を最適化している。

室内には、アルカンタラのMスポーツステアリングホイールやカーボンドアハンドル、カーボンセンターコンソールを装備。シートには「M2」の照明付きエンブレムが装備されたMコンペティション スポーツシートを採用している。

価格はMTが1260万円、DCTが1285万円。なお、導入の60台は既に完売している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース