コンチネンタル、世界初の電気触媒を2022年から生産へ…48Vマイルドハイブリッド向け

コンチネンタルの48Vマイルドハイブリッド向けEMICAT電気触媒
  • コンチネンタルの48Vマイルドハイブリッド向けEMICAT電気触媒
  • コンチネンタルの48Vマイルドハイブリッド向けEMICAT電気触媒
  • コンチネンタルの48Vマイルドハイブリッド向けEMICAT電気触媒

コンチネンタル(Continental)のパワートレイン部門のヴィテスコ・テクノロジーズは、2022年後半から48Vマイルドハイブリッド向けに、世界初となる電気触媒を生産すると発表した。

触媒コンバーターの急速加熱能力が、排ガス後処理の全体的な効率を高める。ヴィテスコ・テクノロジーズが開発した「EMICAT電気触媒」は、燃焼エンジンを対象としたスマート電化ソリューションの一例だ。排出ガスの温度が非常に低く、排ガス後処理には適さない場合でも、効果的な後処理を実現する。EMICAT電気触媒は、実路走行排気の決定的な弱点である極端に冷却された排ガスを、除去できるという。

例えば、都市部を低速で走行する車両のディーゼルエンジンが、ほとんど熱を発生しない場合を指す。電気触媒に使う48V電流は、車両のマイルドハイブリッドシステムの回生によって得られる。

ヴィテスコ・テクノロジーズは、ディーゼルエンジンのマイルドハイブリッド搭載のデモ車両で、EMICAT電気触媒が4kWの加熱出力で得られる効果を実証した。48Vシステム搭載のスーパークリーン電動ディーゼル車では、窒素酸化物排出量が40%減少し、CO2排出量はWLTPテストで3%減少した。渋滞が激しい英国ロンドンの交通サイクルでは、窒素酸化物排出量は62%減少。スーパークリーン電動ディーゼル車では、排ガス後処理の効率は97%まで上昇する。

EMICAT電気触媒は、欧州自動車メーカーの48Vハイブリッドバン2車種に搭載される予定だ。数百万台の契約となり、生産開始は2022年後半を予定している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース