カシオとホンダレーシングがコラボ、高機能メタルウオッチ発売…エディフィス20周年

エディフィスとホンダレーシングのコラボモデル「ECB-10HR」
  • エディフィスとホンダレーシングのコラボモデル「ECB-10HR」
  • エディフィスとホンダレーシングのコラボモデル「ECB-10HR」
  • エディフィスとホンダレーシングのコラボモデル「ECB-10HR」

カシオ計算機は、高機能メタルウオッチブランド「エディフィス」20周年を祝した「ホンダレーシング」とのコラボレーションモデル「ECB-10HR」を4月24日に発売する。

ホンダレーシングは、カシオ計算機がサポートするF1チーム「スクーデリア・アルファタウリ」へ、2018年よりパワーユニットを供給している。ホンダレーシングとエディフィスは、ともに高度な技術を駆使し、ジャパンブランドとしての誇りを持って世界へ挑戦し続ける姿勢が相通じることからコラボレーションをスタート。今回で3度目の共同制作となる。

新製品ECB-10HRは、スクーデリア・アルファタウリを支えるホンダF1クルーのユニフォームカラーのブラックとレッドをベースに、エディフィス20周年を祝したゴールドを印象的にあしらっている。モータースポーツと親和性の高いカーボン素材を採用した文字板やケースはブラックを基調とし、「Honda Racing」のロゴや本革バンド、20周年にちなんだベゼルの「20」をレッドでカラーリング。また、「EDIFICE」のロゴやベゼルの内周、インダイヤルの小針は祝賀の意を表すゴールドで彩っている。

ベースモデルには、スクーデリア・アルファタウリへのヒアリングをもとに開発した「ECB-10」を採用した。「Honda」のロゴを時計や専用パッケージの随所に配し、裏蓋には「20th Anniversary EDIFICE」と刻印。ホンダレーシングの世界観とエディフィス20周年の祝賀のメッセージが込められたスペシャルなモデルとなっている。

価格は3万8500円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース