ZF、電動パワートレイン車向けモーターを合弁生産へ…2021年から

ZFと中国のWolong エレクトリック(臥龍電駆)社が電動パワートレイン車向けモーターの合弁生産契約を締結。調印式は新型コロナウイルスの影響で、ドイツと中国をライブストリームで結んで行われた
  • ZFと中国のWolong エレクトリック(臥龍電駆)社が電動パワートレイン車向けモーターの合弁生産契約を締結。調印式は新型コロナウイルスの影響で、ドイツと中国をライブストリームで結んで行われた
  • ZFと中国のWolong エレクトリック(臥龍電駆)社が電動パワートレイン車向けモーターの合弁生産契約を締結。調印式は新型コロナウイルスの影響で、ドイツと中国をライブストリームで結んで行われた

ZFは3月10日、電動パワートレイン車向けのモーターを生産する合弁会社を、中国のWolongエレクトリック(臥龍電駆)との間で設立する契約を締結した、と発表した。

合弁会社は、Wolong ZF オートモーティブEモーターズ社を名乗る。ZFの電動パワートレインで使用する電気モーターや電気部品を生産する。これにより、電動パワートレイン車向けソリューションの分野において、ZFとWolongエレクトリック社が、中国と国際市場での地位を強化していく。

Wolong ZFオートモーティブEモーターズ社では、モーターなどの量産を2021年から開始する予定だ。 この合弁会社は、新しいZFハイブリッドトランスミッションに、部品も供給する。

なおZFは、合弁会社の26%の株式を保有する。2025年までに、およそ2000人の従業員がWolong ZF オートモーティブEモーターズ社で、生産と開発に従事する予定、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース