BMWとマイクロソフトの「オープン・マニュファクチャリング・プラットフォーム」、ZFとボッシュが参画

BMWグループ(BMW Group)は2月19日、マイクロソフトと2019年に設立した「オープン・マニュファクチャリング・プラットフォーム(OMP)」に、ZFやボッシュなど3社が新たに参画した、と発表した。

OMPは、製造業を中心にした企業が、業界を超えたコラボレーション、知識とデータの共有、新しいテクノロジーへのアクセスを通じて、大規模なイノベーションを促進するためのアライアンスだ。OMPは、企業がデータの可能性を解き放ち、産業ソリューションをより速く、より安全に統合しながら、知的財産を所有し、業界標準、オープンソース参照アーキテクチャ、共通データモデルなどを活用する。

OMP は、マイクロソフトの「アジュール(Azure)」 の産業用 IoT クラウドプラットフォーム上に構築されている。OMP は、機械の接続性やオンプレミスシステムの統合など、一般的な業界の課題に対処できるように設計されている。これにより、OEM やサプライヤー、パートナーは、ソフトウェアソリューションの再利用を促進し、実装コストの大幅な削減につながる。

また、OMPは、機械とシステムのデータ接続やシステム統合など、業界全体のニーズに対応している。これは、メーカー、サプライヤー、そのパートナー企業が新しいソフトウェアをゼロから構築する必要はなく、既存のコンポーネント上に構築できることを意味する。

このOMPに、ZFやボッシュなど3社が新たに参画した。OMPは、IoT(モノのインターネット)接続、産業用IoTリファレンスアーキテクチャ、ATS(自動輸送システム)など、業界にとって重要なコアエリアに焦点を当てる、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース