キャデラック エスカレード 新型、米国で発表…フルサイズSUV

ロングボディは全長5766mm

38インチの湾曲した大型OLEDディスプレイ

6.2リットルV8ガソリンと3.0リットル直6ディーゼル

キャデラック・エスカレード 新型
  • キャデラック・エスカレード 新型
  • キャデラック・エスカレード 新型
  • キャデラック・エスカレード 新型
  • キャデラック・エスカレード 新型
  • キャデラック・エスカレード 新型
  • キャデラック・エスカレード 新型
  • キャデラック・エスカレード 新型
  • キャデラック・エスカレード 新型

キャデラックは2月4日、新型『エスカレード』(Cadillac Escalade)を米国ロサンゼルスでワールドプレミアした。

エスカレードは、キャデラックの最上級SUVだ。日本市場にも導入されており、2019年1~9月、全世界で3万台以上を販売した。米国では、フルサイズの高級SUVセグメントにおいて、およそ25%の市場シェアを獲得し、セグメントをリードしているという。

ロングボディは全長5766mm

新型エスカレードのエクステリアには、キャデラックの最新デザイン言語が導入された。水平基調のヘッドランプに大型グリルを組み合わせて、広く自信に満ちたスタンスを強化している。リアには、縦長デザインのテールランプを採用する。足元は、22インチの大型アルミホイールで引き締めた。

新型のボディサイズは、全長5382mm、全幅2059mm、全高1948mm、ホイールベース3071mm。新型にも、ロングボディの「ESV」が設定される。ESVのボディサイズは、全長5766mm、全幅2059mm、全高1942mm、ホイールベース3407mmだ。全長は384mm、ホイールベースは336mm長い。

インテリアは、キャデラックのコンセプトカー『エスカーラ』の影響を強く受けたもの。新開発のベージュトリムを採用する。独自のミシン目とキルティングパターンを備えた専用シートをデザイン。8色以上のトリムカラーが選択できる。

新型は、2列目と3列目シートのスペースが大幅に増えた。これは、ホイールベースと全長を伸ばした効果だ。新開発の独立リアサスペンションにより、フロアが低くなり、2列目と3列目シートへのアクセス性を高めた。キャデラックによると、3列目シートの乗員が、より自然な姿勢で着席できるという。

3列目のレッグルームは886 mmで、従来型比で40%増加した。キャデラックによると、新型エスカレードはセグメントで最も広い3列目スペースを持つという。ラゲッジスペースも722リットルと、従来型に対して、68%増えた。また、ソフトクローズドアを採用。電動アシストにより、ドアがスムーズに閉まる。

38インチの湾曲した大型OLEDディスプレイ

自動車メーカーの車載ディスプレイとしては初めて、38インチの湾曲した大型OLEDディスプレイを採用した。OLEDは、有機発光ダイオードだ。

鮮やかな解像度の38インチ大型OLEDディスプレイは、4Kテレビの2倍のピクセル密度が特長だ。キャデラックによると、このテクノロジーが最大限の色の表現を可能にするという。このOLEDディスプレイには、センターディスプレイ用のタッチスクリーンコントロールを導入。ロータリーダイヤルコントローラーとステアリングホイールコントロールも装備される。

システムは、3つの画面で構成される。ドライバーの左には、7.2インチのタッチコントロールパネルを備えたドライバーインフォメーションセンター、ステアリングホイールの向こうには14.2インチのクラスターディスプレイ、ダッシュボード中央には16.9インチのインフォテインメントスクリーンをレイアウトした。OLEDテクノロジーの鮮やかな色と視覚は、画面を覆うフードを不要にしている。

オプションで拡張現実対応ナビゲーションを設定する。ライブのストリートビューを利用して、ナビ性能を強化。車両の前方のストリートビューがディスプレイに表示される。たとえば、交差点などでは、スピーカーから「左に曲がって」という音声が流れる。また、サラウンドビジョンは、4つのカメラを使用して、車両周辺を上から見た様子を高精細に表示する。

オプションのリアカメラミラーは、ルームミラーにカメラが捉えた後方の映像を、ストリーミング表示する。ナイトビジョンは、赤外線技術を利用して、夜間の歩行者や大型動物を検出し、ディスプレイに表示する。

6.2リットルV8ガソリンと3.0リットル直6ディーゼル

パワートレインには、新開発の6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンが搭載される。可変バルブタイミングやストップ&スタート機能を採用した。最大出力は420hp/5600rpm、最大トルクは63.5kgm/4100rpmを獲得する。

また、3.0リットル直列6気筒ターボディーゼルエンジンも用意する。最大出力は277hp/3750rpm、最大トルクは63.5kgm/1500rpmを引き出す。最大トルク63.5kgmは、6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンと同数値だ。両エンジンには、10速ATを組み合わせている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース