ルノー、量産FF最速『メガーヌ R.S.トロフィーR』を関西初披露へ…大阪オートメッセ2020

ルノー メガーヌ R.S.トロフィーR
  • ルノー メガーヌ R.S.トロフィーR
  • ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR‘カーボン・セラミックパック’(東京オートサロン2020)
  • ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR‘カーボン・セラミックパック’(東京オートサロン2020)
  • ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR‘カーボン・セラミックパック’(東京オートサロン2020)
  • ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR‘カーボン・セラミックパック’(東京オートサロン2020)
  • ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR‘カーボン・セラミックパック’(東京オートサロン2020)
  • ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR‘カーボン・セラミックパック’(東京オートサロン2020)

ルノー・ジャポンは、2月14日から16日までの3日間、インテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2020」にて、『メガーヌ R.S.トロフィーR』を関西初披露する。

メガーヌR.S.トロフィーRは、最新型『メガーヌR.S.』をベースに、大幅な軽量化と空力・足回りの強化により誕生したニュル量産FF最速モデルだ。パワートレインは、新型メガーヌR.S.の直噴1.8リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンをベースにチューニングを施し、最高出力300hp、最大トルク40.8kgmを発揮する。

2019年4月5日、ニュルブルクリンクサーキットの量産FF車最速となる7分40秒100を記録。同年11月26日には、鈴鹿サーキットでも量産FF車のラップタイム新記録となる、2分25秒454を達成している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース