アウディ自慢の直5エンジンが唸る!『RS3』次期型、430馬力で今秋デビューへ

アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3スポーツバック 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

アウディ『A3』シリーズの頂点に君臨する『RS3スポーツバック』の次期型プロトタイプを、カメラが捉えた。

RS3スポーツバックは、2010年に2代目A3の最強グレードに加えられた(発売は2011年)。『TT RS』用の2.5リットル5気筒ターボ&4WDのクワトロ搭載というスペシャルなホットハッチとして誕生した。RS3としての2代目(現行)は2014年に登場、2016年には初めて『A3セダン』をベースとした『RS3セダン』もラインアップに加えている。

厳冬のスウェーデン北部で捉えた次期型のプロトタイプは、未発表の次期型『A3』をベースとしているが、より広いフェンダーとアグレッシブなフロントバンパーが高性能モデルであることを主張する。また新LEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、ハニカムメッシュのワイドグリル、再設計された大口コーナーエアインテーク、スポイラー、ディフューザー、テールライト、さらに楕円形の大型ツインエキゾーストパイプなど、「RS」ならではの装備も確認できる。

足回りにはワイドなロープロファイルタイヤ、大型のレッドブレーキキャリパーを備えるフロントブレーキローターを装備し、市販へ向けた準備が完了しているようだ。


キャビン内はA3とほぼ同様のインテリアが予想される。インストルメントクラスタを囲むランボルギーニ風のレジスターが装備され、ダッシュボードには新しいインフォテイメントスクリーンが追加されそうだ。さらにセンターコンソールにはDGSトランスミッション用のコンパクトなギアセレクター、プッシュ式スターターを含むいくつかのコントローラーを搭載、スマートフォン用のワイヤレス充電パット、さらに奥にはパーキングブレーキボタンなどが設置される。

パワートレインは、2.5リットル直列5気筒TFSIエンジンを搭載、最高出力は『AMG A45S』の421psを凌ぐ430psとも噂されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース