テスラの新型電動SUV『モデルY』、3月までに納車開始へ

モデル3と共通イメージのエクステリア

航続は最大483km

最速仕様は0~96km/h加速3.5秒

モデル3と合計で年産50万台へ

テスラ・モデルY
  • テスラ・モデルY
  • テスラ・モデルY
  • テスラ・モデルY
  • テスラ・モデルY
  • テスラ・モデルY
  • テスラ・モデルY
  • テスラ・モデルY
  • テスラ・モデルY

テスラは1月29日、新型EVの『モデルY』(Tesla Model Y)の納車を、2020年第1四半期(1~3月)の終わりまでに開始すると発表した。

モデルYは、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』、『モデル3』に続くテスラのEVだ。モデル3の車台をベースにしたコンパクトな電動SUVになる。モデル3の販売好調で勢いに乗るテスラが、主力の米国市場で量販が見込まれる小型の電動SUV市場に参入する。

モデル3と共通イメージのエクステリア

モデルYのデザインは、車台を共用するモデル3と共通イメージだ。前後マスクは、モデル3のモチーフを色濃く受け継いでいる。一方、モデル3よりも背の高いデザインを採用した。これは、上級の『モデルX』を思わせるデザインだ。ただし、モデルYには、モデルXのようなガルウイングドアは採用されず、リアドアは一般的なヒンジ式となる。ホイールは18インチまたは19インチで、トップグレードは20インチとなる。

また、フロントシートは12方向に電動調整でき、ヒーター機能が付く。後席は3座席を独立して折り畳むことが可能だ。乗車定員は5名だが、オプションでサードシートが選択でき、乗者定員は7名となる。14スピーカーのプレミアムオーディオを標準装備し、リアゲートは低い位置から開口し、荷物の積載性に配慮した。テスラ・モデルY

航続は最長483km

モデルYの米国仕様には、複数のグレードを設定する。モデルYのベースグレードの「スタンダードレンジ」は、モーターをリアに1個搭載し、後輪を駆動する。動力性能は0~96km/h加速が5.9秒、最高速は193km/hとなる。バッテリーの蓄電容量はシリーズ最小として、価格を抑えているのが特長だ。それでも1回の充電での航続は、最大で230マイル(約370km)を確保している。

モデルYの「ロングレンジRWD」グレードは、ベースグレードと同じく、モーターをリアに1個搭載し、後輪を駆動する。動力性能は0~96km/h加速が5.5秒、最高速は209km/hとなる。バッテリーの蓄電容量はベースグレードよりも大容量化。1回の充電での航続は、最大で300マイル(約483km)に到達する。テスラによると、483kmの航続は、現在市販されている電動SUVで最長という。テスラ・モデルY

最速仕様は0~96km/h加速3.5秒

モデルYの「ロングレンジAWD」グレードは、モーターを前後に搭載し、4輪を駆動する4WDだ。動力性能は0~96km/h加速が4.8秒、最高速は217km/hとなる。1回の充電での航続は、最大で280マイル(約450km)とした。

モデルYのトップグレードが、「パフォーマンス」グレードだ。モーターを前後に搭載し、4輪を駆動する4WD。動力性能は0~96km/h加速が3.5秒、最高速は241km/h。1回の充電での航続は、最大で280マイル(約450km)となる。

充電については、最新の「スーパーチャージャー」が利用できる。およそ270km走行分のバッテリー容量を、約15分で充電することを可能にしている。

モデル3と合計で年産50万台へ

テスラはこのモデルYの生産を、2020年1月中に米国カリフォルニア州のフリーモント工場で開始する。モデル3と合わせて、年間生産能力は40万台を目標に掲げる。テスラはモデルYの生産台数を徐々に増やし、モデル3と合計で年間50万台を生産する計画だ。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース