三菱ふそう、電気小型トラック「eキャンター」をアスクルに納車

ASKUL LOGIST納車車両:電気小型トラック「eキャンター」
  • ASKUL LOGIST納車車両:電気小型トラック「eキャンター」

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は1月21日、アスクルのグループ企業であるASKUL LOGISTへ電気小型トラック『eキャンター』2台を納車したことを発表した。

アスクルは脱炭素社会の実現に向けた取り組みを積極的に推進。2030年までに全事業所からの排出、配送に係るCO2をゼロにする「2030年CO2ゼロチャレンジ」を実現するため、原材料調達から商品配達までサプライチェーン全体でのCO2削減を進めている。これに伴い、事業活動に関係する全車両を電気自動車(EV)にすることを目指す企業が参加する国際ビジネスイニシアチブ「EV100(Electric Vehicles 100)」にも加盟している。

アスクルでは、環境への取り組みに向けたさらなる前進として、電動で駆動することで排出ガスが一切出ない電気小型トラック eキャンターを導入。今回納車されたeキャンターは、配送用トラックとして活用する予定だ。なお、Eコマース事業者へのeキャンターの納車は国内で今回が初めてとなる。

eキャンターは、騒音や排出ガス、CO2低減の課題を解決する答えとして、三菱ふそうが開発。すでに日本国内で46台が稼働中で、日米欧で合計100万km以上の走行実績があり、環境に優しく経済性に優れていることが証明されている。車両総重量7.5トンクラス、最長で急速充電の場合約1.5時間、普通充電では約11時間の充電で、航続距離は約100kmを確保。電気駆動システムには、モーター(最大出力135kW、最大トルク390Nm)と、370V・13.8kWhの高電圧リチウムイオンバッテリーパックを6個搭載している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱ふそうのEVトラック『eキャンター』、全世界で延べ100万kmを走行…地球25周分に相当 画像 三菱ふそうのEVトラック『eキャンター』、全世界で延べ100万kmを走行…地球25周分に相当
  • 三菱ふそうのEV小型トラック『eキャンター』、北陸地域に初納車 画像 三菱ふそうのEV小型トラック『eキャンター』、北陸地域に初納車
  • メルセデスベンツの新型EVトラック、『eEconic』…2022年から生産へ 画像 メルセデスベンツの新型EVトラック、『eEconic』…2022年から生産へ
  • 郵便配達に電動二輪車ホンダ『ベンリィe:』 日本郵便が導入 画像 郵便配達に電動二輪車ホンダ『ベンリィe:』 日本郵便が導入

特集

おすすめのニュース